なにがあっても自己責任!?呪い系の怖い話まとめ

ネット上に無数に投稿されている怖い話。その中には自己責任系と呼ばれるジャンルが存在します。

読んだら呪われる。実行したら幽霊が出る。などなど。

ホラーが好きな人でも、自己責任系は無理!という人もいることでしょう。

というわけで、通常のホラー傑作選とは別に自己責任系だけをまとめました。

なにがあっても、当サイトでは責任は取りませんよww

自己責任系・呪い系を読む前に。

ここで紹介している作品は、読んだら(実行したら)呪われる。という作品のみとなっています。

紹介しているものはすべて私自身読んでおり、私はなにも起きませんでしたが、絶対に大丈夫という保証はできかねます。(実行したら系は、やっておりませんのでご了承ください。)

特に自己責任系の話は、心理的負荷が他の作品より大きいため、不安感がいつまで続いたり、ストレスで体調を崩すことがあります。(私も初見のコトリバコが怖すぎておなか痛くなりましたw男なのにwww)物語にのめりこみやすい人は注意が必要です。

というわけで、ここで紹介する作品を読んで、いかなる不都合があったとしても、当サイトでは一切責任は持ちませんので、その点ご了承の上、お楽しみください。

自己責任系といえばコレ!!

リアル

種別:長編(約21,600文字)読了時間:約37分
概要:物語的にも非常に読み応えのある作品。非常にメタ的な言い方になるが、内容は洒落怖の王道的な作りで、個人的には非常に読みやすいと感じる。
自己責任系に含まれているのは作中冒頭に「ある行為」が幽霊を呼び寄せるのだが、やり方が割と詳しく記載されているため。

読むと呪われる系ではないため、読むこと自体は問題ないと思われる。

おじゃま道草

種別:長編(約17,800文字)読了時間:約30分
概要:淡々と進む物語。主人公やその取り巻きが霊感強い方々のようで、一般人が心霊現象に遭遇する。といった物語の構成ではなく、霊能力者が心霊現象を解き明かしていくという描き方となっている。
この話で良く話題に上がるのはタイトルと内容の関連性が分からない。ということと、ラストに突然般若心経の一節が登場するところである。

この、いわば「意味に分からない不安感」がこの話の源泉であり、作中は土地に関するいわゆる地縛霊を主題にした内容で「○○したら呪われた」や「この話を読むと呪われるんです。ごめんなさい」という、直接的な表現があるわけではない。

私個人的には、話自体も面白いがオーソドックな内容であり、上記の様に呪われることを感じさせるような表現も作中に存在しない。なのに読むと危険とも言われるこの作品は興味深い。

自己責任系 古典的作品

うしの首

種別:短編(約2,000文字)読了時間:約4分
概要:読むだけであまりの恐ろしさに3日以内に死ぬといわれている作品。

自己責任系 やったら呪われる作品

トミノ地獄

種別:短編(約2,800文字)読了時間:約5分
概要:音読すると死ぬといわれている作品。

足をだして

種別:短編(約1,500文字)読了時間:約3分
概要:これを読んで足を出して寝ると、死にます!(断言)

白虎隊

種別:短編(約1,400文字)読了時間:約3分
概要:福島県へ修学旅行へ行ったA君。迷子になり道を聞いた地元の人「休んでいきなさい」と家に招かれたのだが……。

自己責任系 読むだけで呪われる作品

このブロックの作品は、読むだけで霊障が起こるといわれている作品です。
私自身すべて読んでおり問題ありませんでしたが、お読みいただくのは自己責任でお願いします。

かしまさん

種別:短編(約2,000文字)読了時間:約4分
概要:自己責任系の有名作品。読むとその夜、夢にかしまさんが出てくる。

自己責任シリーズ

種別:長編(約20,900文字)読了時間:約35分
概要:自己責任系の元祖と思われる作品。普通に怖い。特に自己責任系が苦手な人は読まない方が身のためである。

コトリバコ

種別:長編(約19,400文字)読了時間:約33分
概要:本文中には、直接的に呪いが降りかかるような内容が書いていない。それどころかコトリバコに近づくと呪いが降りかかる。そもそも呪いの対象は赤ちゃんを産む能力がある女性に限られるため、男性や高齢者などは呪いの対象外と記載されている。

にも関わらず、ネット上では読むと流産する、子供に障害が残るという噂が広まり一躍有名作品の仲間入りしたという経緯がある。

ホラーというより、民話・伝承系の話に近く、短編小説を読んだような読後感がある。
自己責任系に分類しているためあまりおすすめはできないが、個人的にはネットホラーにハマったきっかけの作品。

自己責任系 読んだら○○時間以内に〇人に話さないと系

ホラー、特に自己責任系のお話は自分の意志で読みたい人が読むものだと思っているため、個人的には、一昔前の不幸の手紙(この手紙を受け取った人は〇日以内に〇人に送らないとあなたは死にます。)系は好きではありません。
が、ここまで読んでいる方は恐怖のあまり誰かを巻き込んだりはしないと思いますので、面白半分でみてください。
もちろん、私自身は読んで、誰にも共有しておりません。……このサイトを見てくれている方に共有はしておりますねww
個人的にはホラーに真贋は必要ないと思っているのですが、不幸の手紙系の話だけは、断言できます。ここで紹介する話は間違いなく嘘です。

安心してご覧ください。

裏返しの話

種別:短編(約1,800文字)読了時間:約3分
概要:呪いの手紙系の作品の中でも特に時間設定が短め。その時間なんと2時間以内。

呪いのコピペ

種別:長編(約1,000文字)読了時間:約2分
概要:もはや実行不可能か!?5分以内に掲示板108箇所に貼らないと呪われる!1か所約2.75秒という超速RTA(リアルタイムアタック)を求められる呪いの手紙系作品。